INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前中島 正淳 ( なかじま しょうじゅん, Shojun Nakajima ) 著 ()
タイトル取(upādāna)をめぐるヴァスバンドゥの解釈
タイトル読みしゅupadanaをめぐるゔぁすばんどぅのかいしゃく
サブタイトル倶舎論から縁起経釈へ
タイトル(欧文)Vasubandhu’s Interpretation on Upadana from Abhidharmakośabhāṣya to Pratītyasamutpādavyākhyā
サブタイトル(欧文)
該当ページ181-206(L)
媒体名 佛教大学仏教学会紀要
媒体名欧文 THE BULLETIN OF THE ASSOCIATION OF BUDDHIST STUDIES BUKKYO UNIVERSITY
通号 26
特集・テーマ 森山清徹教授古稀記念号
ISSN 0919-5718
編者 佛教大学仏教学会
発行日2021-03-25
発行者佛教大学仏教学会
発行地京都
本文あり
INBUDS IDIB00212756A
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   アビダルマ インド仏教 (分野) インド (地域) 世親 (人物) 倶舎論 (文献) 仏教学 (分野) 部派仏教 (分野) 原始仏教 (分野) 説一切有部 (分野)
  人物   ヴァスバンドゥ ( Vasubandhu ) 世親 アサンガ (人物) アビダルマ (分野) 倶舎論 (文献) スティラマティ (人物) ダルマキールティ (人物) 唯識 (分野) マイトレーヤ (人物) 世親 (人物) 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物)
  文献   倶舎論 ( Abhidharmakośabhāṣya ) 縁起経釈 ( Pratītyasamutpādavyākhyā ) 品類論 順正理論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 世親 (人物) 婆沙論 (文献) アビダルマ仏教 (分野) 大智度論 (文献) インド仏教 (分野) 瑜伽論 (文献) 縁起経註釈 (文献) 成業論 (文献) 倶舎論 (文献) 縁起説 (術語) 異熟識説 (術語) Pratītyasamutpadavyākhyā (文献) Saṃskārapratyayaṃvijñānam (術語) 縁起の初分 (術語) 七事品 (文献) 五位 (術語) 縁起 (術語) 集異門論 (文献)
  術語   ( upādāna ) 取支 欲取 ( kāmopādāna ) 色見 ( rūpadarśana ) 色処 ( rupāyatana ) 有取識 ( sopādānavijñāna ) 縁起説 (術語) upādāna (術語) 五薀 (術語) (術語) 五取蘊 (術語) 無常苦無我説 (術語) 五蘊説 (術語) (術語) 物質 (術語) 無表色 (術語) sopādāna-vijñāna (術語) ādānavijñāna (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage